MENU

赤ら顔を治す方法は赤ら顔の原因をまず知ること

暖房が効いた部屋にいたり、運動したあとだったり、人としゃべっているとき、ふとした時に赤ら顔になってしまう。

 

もう帰りたい!コンプレックスになりますよね。

 

そんな赤ら顔を治す方法について、順番にわかりやすく説明していきます。

 

まずは赤ら顔の原因から。

 

赤ら顔の原因を知ることで、赤ら顔を治す方法がわかりやすくなります。

 

敵を詳しく知って、効果的に敵を攻めるってこと。

 

一般的な赤ら顔の原因は毛細血管にあります。

 

正確には毛細血管のひろがりが原因。

 

毛細血管が拡張することにより血液が多く流れる結果、赤血球の数が増えて肌が赤くなるのです。

 

また皮膚が薄い方は、肌の赤みが表に出やすくなります。

 

ということは毛細血管の拡張を抑えること、皮膚の厚さを整えること、ができれば赤ら顔にならないってことですよね。

赤ら顔を治す方法は毛細血管の拡張を抑え、目立たなくすること

毛細血管の拡張を抑えるために、一番自然に取り組める方法は専用のコスメを使うことです。

 

赤ら顔を治す「はじめの一歩」は、まず赤ら顔専用の化粧水を使ってみてください

 

赤ら顔を改善する、毛細血管の拡張に特化したはたらきがある化粧水を探してきました。

 

すべて、赤ら顔を治す専用の化粧水です。

 

わかりやすくランキング形式で紹介していきますね。

 

赤ら顔を治すコスメ1位 白漢 しろ彩の特徴


・地中海から抽出した「海洋性エキス」が直接毛細血管にアプローチ

・肌の構造と同じラメラ構造なのでグングン浸透して毛細血管へ

・たった28日の治験で86%の被験者が赤みの軽減を確認

・アルコール、パラペンなどは配合していない無添加コスメ

・4つの和漢エキスが配合されているので肌をやさしくケア

価格 4,480円
評価 評価5
備考 定期コースはいつでもキャンセル、解約OK!・送料無料・30日間返金保証
赤ら顔を治すコスメ1位 白漢 しろ彩の総評


「白漢 しろ彩」は浸透力が抜群で、毛細血管に直接アプローチできるため、毛細血管のひろがりを抑える効果は抜群です。


また肌にやさしい成分だけ配合されているので、安心して使用することができます。


自信があるので、肌に合わなかったときは1本使いきっても30日間返金保証、定期コースでもいつでもキャンセル、解約ができるのも魅力。


そしてたった28日間の治験で、86%の被験者の赤みが軽減したという結果がすべてです。

赤ら顔を治すコスメ2位 ビタK レッドX トナーの特徴


・赤ら顔に有効なビタミンK配合

・ビタミンとミネラルの相互作用で抗酸化

・美容大国韓国で開発されたドクターコスメ

・香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールフリー

価格 3,920円
評価 評価4.5
備考 定期コースは3回以上継続・送料無料
赤ら顔を治すコスメ2位 ビタK レッドX トナーの総評


「ビタK レッドX トナー」はビタミンKが配合された赤ら顔専用の化粧水です。ビタミンKは血管の詰まり(血栓)を取りのぞき血液の流れをスムーズにする効果があります。


その結果血液がスムーズに流れ、血管のひろがりを抑えることになり、赤ら顔の改善が期待できます。


皮膚科専門医が開発したドクターコスメ、そして、無香料、無着色料、鉱物油不使用、パラベン不使用、アルコールフリーなので安心です。

赤ら顔を治すコスメ3位 ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの特徴


・浸透セラミド配合で肌をバリア

・美容成分100%の完全無添加化粧品

・1本5役のオールインワン化粧水

・開発者は幼少期から赤ら顔にずっと悩んできた

価格 3,600円
評価 評価3.5
備考 送料無料・
赤ら顔を治すコスメ3位 ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの総評


ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは1位、2位の製品と赤ら顔に対するアプローチが違います。有効成分が肌に浸透して皮膚の厚さを保ち、その結果毛細血管への刺激をブロックするという考え方です。


これは、幼いころから赤ら顔に悩んだ開発者が、自分のために考えた赤ら顔を改善する最良の選択肢になります。


完全無添加のオールインワン化粧水なので刺激が少なく、敏感肌にぴったりの製品です。

赤ら顔を治す3つの製品を比較

正直、1位の『白漢 しろ彩』と2位の『ビタK レッドX トナー』は赤ら顔を治すという目的で選ぶなら優劣がつけがたいコスメです。どちらも商品力が非常に高い。

 

ただ、『白漢 しろ彩』は定期コースがいつでも辞められる。そして肌に合わなければ、1本使いきっても30日間返金保証が至れり尽せりなのです。購入するデメリットがないと言ってもいいくらい。

 

対して『ビタK レッドX トナー』は定期コースを選ぶと3回以上続けなければいけないという壁があります。だから2位なのです。

 

3位のULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは「肌にやさしく」が徹底しています。赤ら顔じゃなくても使ってみたい、魅力がある製品です。

 

赤ら顔に悩む方は3つのうちどれを選んでも、堂々と人前に出れるような自信を手に入れることができるので安心して試してみてくださいね。

 

 

白漢 しろ彩

 

普段から実践する赤ら顔の対処法あれこれ

赤ら顔を治す方法は、専用のコスメを使うのが一番効果的です。
しかし、併用して普段からできることをしておくと効果はさらに高まります。
赤ら顔を治す対処法をいくつか紹介しておきますね。

 

赤ら顔の対処は冷やすことから

 

赤ら顔対処法あれこれ

 

  • 暑いと顔が熱くなる
  • 運動すると顔が赤くなる
  • 酒を飲むと顔が赤い

っていう経験ありますよね。

 

赤ら顔の原因は毛細血管が拡張だと説明しました。
ならば、毛細血管を収縮することができれば赤ら顔は治るはずです。

 

一番単純で効果的な赤ら顔を治す方法は、顔を冷やすことです。
顔を冷やすと血管が狭くなリ赤ら顔がおさまります。

 

日焼けした状態を思い出してください。
紫外線で毛細血管が炎症を起こして、顔が真っ赤になって肌が熱をもっていますよね。

 

そんな時は氷を顔に当てたり、冷たい水で洗顔したりして冷やすのが効果的です。

 

赤ら顔には肌を冷やす。

 

応急的で一時的な処置ですし、効果が長く続くことは期待できませんが、赤ら顔を治すのに有効な対策です。

 

洗顔やクレンジングの仕方で赤ら顔を予防する

 

赤ら顔を改善したい方は洗顔やクレンジングに気をつかうようにしてください。
重要な注意点は乾燥を避けるため、肌になるべく刺激を与えずないこと、必要な脂を取りすぎないことの2点です。

 

クレンジングの注意点
・まず手を洗う
・ゴシゴシこすらない
・湿度の高い場所(お風呂の中)でクレンジングはしない
・薄いメイクの日はオイルを使わずにジェルやミルククレンジングで

 

洗顔の注意点
・まず手を洗う(大事)
・熱すぎないお湯、ぬるま湯で洗顔する
・洗顔料は十分に泡立ててモチモチにする
・優しく泡を肌に乗せるようなイメージで、決してこすらない。
・清潔なタオルでおさえるように水分を取る
・すぐに保湿

 

また、長時間メイクをしたままだったり、メイクを落とさないで寝てしまったりは、赤ら顔の原因になりますくれぐれも避けてくださいね。

 

 

 

赤ら顔をメイクで隠す

 

本当はメイクは肌の負担になるのでしない方がいいです。
でも、そんなわけにはいかないですよね。
赤ら顔はなるべく隠したいですから。

 

ただ、赤ら顔に分厚い化粧はよくありません。肌荒れのもとになります。
厚塗りではなくナチュラルに薄くまとめることを心がけ、気になる部分はコンシーラーを使って赤ら顔を目立たないように。

 

また、化粧品は天然由来の無添加で低刺激のものを選ぶようにしてください。

 

テクニックとして、青や緑といった寒色系のコントロールカラーが赤ら顔をカバーできます。
また、黄色のファンデーションを多用するのも赤みを弱める有効な方法です。

 

ダメなのはピンク系、白系の下地をチョイスすることです。
肌の赤みを改善するどころか際立たせることになります。

 

漢方で赤ら顔を改善する

 

赤ら顔を治す漢方は

 

血液の流れをスムーズにする
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
・温経湯(うんけいとう)

 

気を落ち着かせ自律神経に作用する
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・知柏地黄丸(ちばくじおうがん)
・天王補心丹(てんのうほしんたん)

 

肌の炎症を鎮静する
・半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

 

などがあります。

 

ただ漢方薬は、その人に合う合わないがはっきりしているので、選ぶのがとても難しいです。
専門の薬剤師に相談することをおすすめします。

 

赤ら顔を治す食事って?

 

赤ら顔を治す食事

 

赤ら顔を治すためには、普段の食生活を改善することも大切です。「医食同源」って言葉の通りですよね。

 

 

赤ら顔を予防する食事法

 

・アルコールや香辛料など刺激のあるものは避ける
・ビタミンCやビタミンEなどビタミンをしっかり摂取、とくにビタミンKはサプリで取ってもいいくらい
・腸内環境を整えるために乳酸菌を摂取する
・偏食を避けバランスのいい食事を習慣にする

 

 

赤ら顔を治す食事のとり方

 

・よく噛むんで食べる
・満腹を避け腹7分目にく
・寝る2時間前は食べ物を摂取しない
・水分補給を習慣にする
・動物性たんぱく質の摂取量を減らす

 

 

赤ら顔だけでなく、食事はあらゆる美容と健康につながるので、普段からに注意してくださいね。

 

規則正しい生活を送る

 

規則正しい生活習慣は、赤ら顔を治すだけではなくターンオーバーの促進、シミやくすみの予防など肌の調子を改善するために必須です。
バランスのとれた食事と同様に規則正しい生活習慣は、長期的な心と体の安定を保ちます。

 

逆に言えば、睡眠不足や偏った食事などが習慣になると肌が弱り、優れた美容成分も効果を発揮することができません。
規則正しい生活習慣を送り、肌が健康な状態が保てば、きっと赤ら顔を治す近道になることでしょう。

 

運動で代謝をあげる

 

バランスのとれた食事、規則正しい生活習慣とともに適度な運動を習慣にするとも心と体を健康にし、長期的に肌によい影響をあたえます。
ただやりすぎは禁物、疲れがたまるほどの運動は赤ら顔の改善どころか逆効果なので気をつけて。

 

また汗をかいたら、かきっぱなしにせずに清潔な状態を維持するように心がけてください。

 

 

このように、赤ら顔を治すために普段から実践できる方法や習慣は多岐にわたります。
全部完ぺきにこなすのは難しいですが、意識して少しずつ実践してみてください。
それに加えて、赤ら顔専用の化粧水を併用するのが赤ら顔を治す近道になるので試してみてくださいね。

 

>>赤ら顔専用化粧水をチェックする

病院で赤ら顔を治療する

病院で赤ら顔を治療する

 

お金はかかりますが、一番確実に赤ら顔を治す方法は専門の皮膚科や美容皮膚科の治療を受けることです。
医師の診断を受けて、軽度の症状なら外用薬や内服薬での治療となり負担は比較的軽くすみます。

 

しかし、重度の症状になると、さらに専門的な治療を行わないと赤ら顔が改善しないケースもあります。
病院での専門的な治療法をいくつかあげてみましょう。

 

 

光治療

 

光治療は赤ら顔になっている部分に、フィルターをかけたやさしい光を当てる治療法です。
光を当てることにより拡張した毛細血管が収縮し、その結果赤ら顔が解消されます。
あとで説明するレーザー治療にくらべて肌への負担がかからないため、痛みや肌へのダメージは軽度です。
施術後、かさぶたがになったり、一時的に肌が茶色になる状態から回復するまでの、いわゆるダウンタイムの期間はレーザー治療より短いとされています。
しかし波長がことなり、威力が弱いため施術回数はレーザー治療より多くなるのが難点です。

 

レーザー治療

 

レーザー治療は、専用の装置を使ってレーザーを患部に照射する治療法です。
レーザーは真皮層から血液のヘモグロビンに反応して、毛細血管を凝固、収縮させ赤ら顔を治す効果があります。
効果が高い分、光治療よりも痛みが伴ったり、肌への負担も重くなりますし、ダウンタイムの期間も長めです。
レーザーにはヤグレーザー、ダイオードレーザー、Vスターレーザーなどの種類があり、症状にあわせて使いわけます。
保険適用と保険適用外のものがあり、金銭的な負担がかかるのがデメリットです。

 

硬化療法

 

光治療やレーザー治療ではあまり効果が期待できない、太い血管を治療するのが硬化療法です。
硬化剤を血管内に注射し、伸縮性のある弾性包帯で圧迫します。
その結果、血管自体を細くなり赤ら顔を治す仕組みです。
治療後の痛みやダメージはほとんどなく日常生活に支障はありません。
しみや合併症のリスクがゼロではないのがデメリットです。

 

 


赤ら顔の原因はさまざま

メンタルが原因で赤ら顔に

 

人前に出ると過度の緊張により頬が赤くなり赤ら顔になる、いわゆる「赤面症」という症状です。
緊張やストレスが原因なのでスキンケアでは対処できません。
原因が自分のメンタルなのですから肌ではなく「こころ」のケアが必要です。
心療内科やカウンセラーに悩みを相談するのが克服する近道になります。

 

ニキビが原因で赤ら顔に

 

赤ニキビは炎症をともなうトラブルなので赤ら顔の原因になります。
ニキビが治ると赤ら顔はおさまりますが、ニキビは繰り返しできやすい性質があるので注意。
また、ニキビをつぶしてしまうと色素沈殿をおこしますし、ニキビ跡が残るのでつぶさないように。
やさしく洗顔をして、肌を清潔に保つのがニキビの改善、ニキビの跡を残さない近道になります。

 

ステロイドの副作用が赤ら顔の原因に

 

ステロイドの外用薬は皮膚の炎症に効果があります。
しかし長期にわたりステロイドの使用を続けると、皮膚細胞が増殖しなくなり皮膚を薄くしてしまい、赤ら顔の要因になることも。
またアレルギーを抑える働きが、免疫機能の低下をひきおこす場合があるので、注意して使用してください。

 

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)が赤ら顔の原因に

 

脂漏性皮膚炎は脂性や毛穴が大きい人がかかりやすい症状です。
皮脂の多い部分にマラセチア菌という常在菌が増殖し、炎症を起こすことで赤ら顔になります。
ニキビをともなうことも多いので厄介。
ステロイドの外用薬や、カビを退治する抗真菌薬で治すのが一般的です。

 

血管腫が原因で赤ら顔に

 

血管のできものを総称して血管腫と言います。
酒さ、赤ニキビ、脂漏性皮膚炎も大分類は血管腫です。
病院によっては単純性血管腫、苺状血管腫、クモ状血管腫、老人性血管腫と診断されることもあります。

 

肝臓が原因で赤ら顔に

 

アルコールを摂取すると毛細血管がひろがり顔が赤くなります。
しかし、飲んでいない平常時も赤ら顔の症状が出る場合は注意。
これは、アルコールの過剰摂取が習慣になり肝臓に負担がかかったため、血液循環、血流の悪化が原因です。
肝機能が低下すると肝炎や肝硬変、肝臓がんに悪化する可能性もあります。

 

「酒さ」が赤ら顔の原因場合はすぐに治療を!

「酒さ」が赤ら顔の原因

「酒さ」という症状をご存知でしょうか?
顔がお酒を飲んだ時のように赤くなることから「酒さ」と呼ばれる症状です。

 

「酒さ」が厄介なのは、慢性的かつ進行性の症状だからです。
なかなか良くならない、または良くなったり悪くなったりを繰り返す。

 

そして、結果的に症状は悪くなっていきます。
「酒さ」の場合は早めに専門の皮膚科の医師の診断を受けてください。

 

 

「酒さ」の特徴は

  • 30代から60代で発症
  • ヒリヒリやチクチクとした痛みを生じる
  • 顔がほてって「かーっ」と熱くなる
  • 小さなブツブツができる

などです。

 

 

このような症状が出たらスキンケアではどうにもなりません。
すぐに病院へ行きましょう。

赤ら顔を治す|まとめ

赤ら顔の原因はさまざまですが、ほとんどの場合赤ら顔専用の化粧水で改善は可能です。

 

3種類の化粧水を紹介しましたが、これらは赤ら顔専用です。

 

特化しているので、赤ら顔を治す目的なら選ばない理由がありません。

 

なかでも『白漢 しろ彩』が赤ら顔を治す総合力で「ビタK レッドX トナー」「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」を上回ります。

 

『白漢 しろ彩』で赤ら顔にサヨナラして、自信をもってイキイキと毎日を過ごしましてください('ω')ノ

 

 

白漢 しろ彩の購入

http://shirosai.jp

 

 

 

このページの先頭へ